売れっ子漫画家を目指す熱血アラフォー自称『4流漫画家』の”なぁかじん”が、日々直面する出来事に体当たりでぶつかっていく様を面白おかしく綴ったブログである。

プロフィール

なぁかじん

Author:なぁかじん
熱血アラフォーの自称、『売れない4流漫画家』。
10年前に某○○社の週刊ヤング○○○○の月間漫画新人賞で遅咲きデビューをしたものの、いまだに泣かず飛ばず・・・・・。

なぁかじんカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

あと10cmの頑張りが女神を引き寄せる 

今、空前のボクシングブームです。


ちょっと、マニアックな話をしちゃいますが・・・(笑)

現在、9人の世界チャンピオンを抱える日本ボクシングコミッション。

先日、”神の左(ゴットレフト)”こと、山中慎介がWBCバンタム級の王座を12度目の防衛に成功しました。

この記録は具志堅の13回防衛という金字塔に次ぐ国内で2位の素晴らしい記録です。

かつて、バンタム級というクラスでウイラポンというタイの王者がいた。

1998年12月、大阪であの伝説のレジェンド・辰吉丈一郎から王座を奪取し14回の防衛成功。

しかし、ある日本人の若者によって、15回目の防衛戦で王座陥落してしまう。

バンタム級最強王者といわれたウイラポンを止めた選手・・・・。

その相手こそ、日本のエース・長谷川穂積なのだ。

その後、長谷川穂積は長期政権を築き上げ、具志堅以来の2桁防衛をもたらした。

当時は、10回の防衛は中々出ることが難しかったので快挙といえる。

しかし、その長谷川も11回目の防衛戦で、WBO王者のフェルナンド・モンティエルの強打に沈んだ。

あれからWBCの王座は山中選手の手に渡り、V12という記録を更新する事となったわけで・・・。

バンタム級の防衛世界記録はオルランド・カニザレスという選手の16回が最高記録です。

なので、山中選手が国内記録を更新した後、4回防衛すれば世界記録ってワケです。

凄いことです!!^^

世界の軽量級でもっとも層の厚い階級といわれてるのが、このバンタムとスーパーフライらしいですね。

オイラも昔、アマチュアでやってた頃、バンタム級でしたがハンパなく選手が多い階級でした。

あと、注目はWBO S・フライ級王者、”怪物”井上尚哉と元金メダリストで現世界ミドル級ランカーの村田諒太です。

井上選手には年末、ビックマッチが控えてるし、村田選手はいよいよ世界挑戦が決まることでしょう。

ボクシングマニアのオイラにとっては今年の活躍が楽しみです^^

昔、エディ・タウンゼットという名トレーナーがこう言ったそうです。

普通の練習に、プラスあとほんの10センチの頑張りが勝利の女神を引き寄せる・・・と。

つまり、ちょっとでイイから皆がやる練習より多く努力する事の積み重ねが大切だと。

これは漫画の創作する上でも通じることではないでしょうか。

勝利の女神かどうかは分かりませんが、少なからずとも、目標を達成できるコツかも知れません。




20年前、人生で初めて描いたストーリー漫画の原稿発見^^

色々と作業部屋を整理してた夕方18時・・・。

それは、突然出てきました(笑)

今、見ると稚拙で、下手で、完成度が低い、原稿。

25才の時、ギャグ漫画家目指してある雑誌に初投稿し、落選・・・。

『キミはギャグ向いてないから、真面目なもの描いてみたら?』

今思えば、これがターニングポイントだったかも知れません。

とにかく、自分の一番好きな物を下手でも良いから描いてみる。

真面目に最後まで、描いてみる。

好きなボクシングで勝負するって事で・・・それが、この原稿でした。

ワケあって、全部の公開は出来ませんが、ページバラバラで3枚のみ。

下手過ぎて恥ずかしいですが、この時の最大限の情熱注ぎました。

泥臭くって、不器用ですが、18ページの青春です。

そして、すぐさま二度目の投稿をしました・・・・。

誰もが知ってる、メジャー雑誌の月間賞で奨励賞を頂きました。

掲載はされなかったですが、初めて担当さんがつき、ボツネームの嵐で修行して鍛えられ・・・。

この翌年、大賞を頂き、デビューさせてもらうことになったワケで・・。

いわば、オイラの原点の原稿でしょうかね。

これを描かなかったら、今はないということです。

普段、コンビニでバイトしてる冴えないフリーターの兄ちゃん。

しかし、実は4回戦ボーイのハードパンチャー。

ひとたびリングに上がれば、倒し屋に変わるという設定。

控え室から、リングに上がり、KOして下りてくるまでの30分間の短い話。

意外にも、絵は荒削りだけど、冴えない兄ちゃんが倒し屋になるギャップがイイと評価。

人生、何が起こるかわかりません。

絶対に諦めたら、損です!!

こんなオイラはデビューが30歳なので遅咲きでした。

若い人達の励みになれたらと思います^^

・・・・・しかし、下手すぎて泣けてきますなぁ~(苦笑)



↓『THE HEART BEAT FAST ~心臓が鼓動する瞬間に・・・~』
img015_convert_20170317012539.jpg

img016tesuto_convert_20170317012409.jpg

img022_convert_20170317012452.jpg

チャンスは平等に巡って来ます。

掴むか、掴まないかは自分次第です。

普段より、ほんの10センチの頑張りで、奇跡を起せるかも知れません^^




↓パブーと楽天koboにて電子書籍コミック発売中です^^





著作権:2017 中島史朗

漫画家ブログ人気ランキングに登録してます。
励みになるので宜しければクリックお願いします^^

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村
2017/03/17 02:37|ボクシングTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://shi4646.blog134.fc2.com/tb.php/59-dad6672e

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

著書

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

注意

ブログ内の作品及びイラスト、文章その他の無断転載は固くお断りします。 著作権:中島史朗

Copyright(C) 2006 崖っぷち男”なぁかじん”のモウレツ生活 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。