売れっ子漫画家を目指す熱血アラフォー自称『4流漫画家』の”なぁかじん”が、日々直面する出来事に体当たりでぶつかっていく様を面白おかしく綴ったブログである。

プロフィール

なぁかじん

Author:なぁかじん
熱血アラフォーの自称、『売れない4流漫画家』。
10年前に某○○社の週刊ヤング○○○○の月間漫画新人賞で遅咲きデビューをしたものの、いまだに泣かず飛ばず・・・・・。

なぁかじんカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

たまには外でネーム描いてみる 

久々の更新です^^


今月は、自己ノルマとしてネーム6本を目指してるオイラです。

ネーム6本とは言っても、中々簡単なものではありません。

狭い作業部屋にこもって、1日中座り続けるのは苦行のような事でして・・・・。

前にも記事に書いた事ありましたが、長時間も部屋にこもってアイデアに詰まると逆効果。

もともと、怠け者気質なもんで、部屋の中にある数々の欲につい振り回されてしまう始末(苦笑)

そこで、本日は久しぶりに朝9時から札幌のとある喫茶店で、14時までネームを描いてきました。

いやぁ~、やっぱりファミレスや喫茶店でネタ・アイデアをまとめるのはイイですな~^^

自宅で考えるよりも、10倍はかどりますね。

それは何故でしょうか?

おそらく、『自分自身を極限まで追い込める!!』・・・って事だと思いますわ。

よく、他の作家さんも喫茶店などでネーム描かれる方が多いと思います。

オイラと同じく皆さんもきっと理由はこれではないでしょうかね?


『喫茶店&ファミレスでネーム描くこと 5つのお得』

1・何もないのでやるしかないという覚悟が決まり、ヤル気スイッチが入りやすい。

2・コーヒー1杯で放っといてくれるので集中しやすい。

3・たまに周囲の客の世間話がヒントになる場合がある。

4・小腹が空いたら、何か食い物を注文できて困らない。

5・とはいえ、常識的にみて長時間居続けるのは迷惑なので、さっさと終わらせるという気持ちを持てる。



・・・こんな、感じでしょうかね。

まぁ、自分を極限まで追い込むことが出来て集中しやすいんでオイラは利用してますね。


airasut_convert_20170131004302.jpg


あと、オイラの場合、ネームに入る時は、なるべく午前中に取りかかります。

作家さんによっては深夜の方もいれば、やり方は色々だけどオイラは朝イチの方が調子イイです。

何か、朝とか午前中の方が気分がポジティブなんでネタやアイデアを掴みやすいんだよなぁ。

これが、夕方や深夜になってくると疲れが溜まってくるんで、頭もフリーズしてくるし詰まりやすい。

なので、午前中の気分がポジティブなうちに、ガ~ッっと一気に描きまくりアイデアを吐き出す・・(笑)

意外とこの方が、あとでネーム読み返すと勢いがあるんでね。

けっこう、これって大事かもね。

勢いがあるかないかっていうのがキャラの行動力につながる。

前向きで魅力的なキャラクターが生まれやすいんだよね。

だからオイラにとって、午前中が勝負の瞬間なのですわ。

しかも、平日の午前中は喫茶店もすいてるんでね。

あと、余談ですが喫茶店やファミレスも良いけど、意外にスタバもイイですわ(笑)

オイラはスタバも常連です^^

というわけで、ネーム描くときは外で描くのも、気分転換になると思います。

とくに物を考える作家さんたちにはおススメですよ~^^




↓パブーと楽天koboにて電子書籍コミック発売中です^^





著作権:2017 中島史朗

漫画家ブログ人気ランキングに登録してます。
励みになるので宜しければクリックお願いします^^

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/01/31 00:16|お仕事TB:0CM:0

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

著書

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

注意

ブログ内の作品及びイラスト、文章その他の無断転載は固くお断りします。 著作権:中島史朗

Copyright(C) 2006 崖っぷち男”なぁかじん”のモウレツ生活 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。