売れっ子漫画家を目指す熱血アラフォー自称『4流漫画家』の”なぁかじん”が、日々直面する出来事に体当たりでぶつかっていく様を面白おかしく綴ったブログである。

プロフィール

なぁかじん

Author:なぁかじん
熱血アラフォーの自称、『売れない4流漫画家』。
10年前に某○○社の週刊ヤング○○○○の月間漫画新人賞で遅咲きデビューをしたものの、いまだに泣かず飛ばず・・・・・。

なぁかじんカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

あと10cmの頑張りが女神を引き寄せる 

今、空前のボクシングブームです。


ちょっと、マニアックな話をしちゃいますが・・・(笑)

現在、9人の世界チャンピオンを抱える日本ボクシングコミッション。

先日、”神の左(ゴットレフト)”こと、山中慎介がWBCバンタム級の王座を12度目の防衛に成功しました。

この記録は具志堅の13回防衛という金字塔に次ぐ国内で2位の素晴らしい記録です。

かつて、バンタム級というクラスでウイラポンというタイの王者がいた。

1998年12月、大阪であの伝説のレジェンド・辰吉丈一郎から王座を奪取し14回の防衛成功。

しかし、ある日本人の若者によって、15回目の防衛戦で王座陥落してしまう。

バンタム級最強王者といわれたウイラポンを止めた選手・・・・。

その相手こそ、日本のエース・長谷川穂積なのだ。

その後、長谷川穂積は長期政権を築き上げ、具志堅以来の2桁防衛をもたらした。

当時は、10回の防衛は中々出ることが難しかったので快挙といえる。

しかし、その長谷川も11回目の防衛戦で、WBO王者のフェルナンド・モンティエルの強打に沈んだ。

あれからWBCの王座は山中選手の手に渡り、V12という記録を更新する事となったわけで・・・。

バンタム級の防衛世界記録はオルランド・カニザレスという選手の16回が最高記録です。

なので、山中選手が国内記録を更新した後、4回防衛すれば世界記録ってワケです。

凄いことです!!^^

世界の軽量級でもっとも層の厚い階級といわれてるのが、このバンタムとスーパーフライらしいですね。

オイラも昔、アマチュアでやってた頃、バンタム級でしたがハンパなく選手が多い階級でした。

あと、注目はWBO S・フライ級王者、”怪物”井上尚哉と元金メダリストで現世界ミドル級ランカーの村田諒太です。

井上選手には年末、ビックマッチが控えてるし、村田選手はいよいよ世界挑戦が決まることでしょう。

ボクシングマニアのオイラにとっては今年の活躍が楽しみです^^

昔、エディ・タウンゼットという名トレーナーがこう言ったそうです。

普通の練習に、プラスあとほんの10センチの頑張りが勝利の女神を引き寄せる・・・と。

つまり、ちょっとでイイから皆がやる練習より多く努力する事の積み重ねが大切だと。

これは漫画の創作する上でも通じることではないでしょうか。

勝利の女神かどうかは分かりませんが、少なからずとも、目標を達成できるコツかも知れません。




20年前、人生で初めて描いたストーリー漫画の原稿発見^^

色々と作業部屋を整理してた夕方18時・・・。

それは、突然出てきました(笑)

今、見ると稚拙で、下手で、完成度が低い、原稿。

25才の時、ギャグ漫画家目指してある雑誌に初投稿し、落選・・・。

『キミはギャグ向いてないから、真面目なもの描いてみたら?』

今思えば、これがターニングポイントだったかも知れません。

とにかく、自分の一番好きな物を下手でも良いから描いてみる。

真面目に最後まで、描いてみる。

好きなボクシングで勝負するって事で・・・それが、この原稿でした。

ワケあって、全部の公開は出来ませんが、ページバラバラで3枚のみ。

下手過ぎて恥ずかしいですが、この時の最大限の情熱注ぎました。

泥臭くって、不器用ですが、18ページの青春です。

そして、すぐさま二度目の投稿をしました・・・・。

誰もが知ってる、メジャー雑誌の月間賞で奨励賞を頂きました。

掲載はされなかったですが、初めて担当さんがつき、ボツネームの嵐で修行して鍛えられ・・・。

この翌年、大賞を頂き、デビューさせてもらうことになったワケで・・。

いわば、オイラの原点の原稿でしょうかね。

これを描かなかったら、今はないということです。

普段、コンビニでバイトしてる冴えないフリーターの兄ちゃん。

しかし、実は4回戦ボーイのハードパンチャー。

ひとたびリングに上がれば、倒し屋に変わるという設定。

控え室から、リングに上がり、KOして下りてくるまでの30分間の短い話。

意外にも、絵は荒削りだけど、冴えない兄ちゃんが倒し屋になるギャップがイイと評価。

人生、何が起こるかわかりません。

絶対に諦めたら、損です!!

こんなオイラはデビューが30歳なので遅咲きでした。

若い人達の励みになれたらと思います^^

・・・・・しかし、下手すぎて泣けてきますなぁ~(苦笑)



↓『THE HEART BEAT FAST ~心臓が鼓動する瞬間に・・・~』
img015_convert_20170317012539.jpg

img016tesuto_convert_20170317012409.jpg

img022_convert_20170317012452.jpg

チャンスは平等に巡って来ます。

掴むか、掴まないかは自分次第です。

普段より、ほんの10センチの頑張りで、奇跡を起せるかも知れません^^




↓パブーと楽天koboにて電子書籍コミック発売中です^^





著作権:2017 中島史朗

漫画家ブログ人気ランキングに登録してます。
励みになるので宜しければクリックお願いします^^

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/03/17 02:37|ボクシングTB:0CM:0

夏のボクシング観戦記 

8月、日本ボクシング界にとって快挙が起こった!!

フィリピンのセブ島で日本人初のWBO世界バンタム級新王者が誕生した。

その新王者こそ、あの亀田三兄弟の三男、和毅(ともき)なのだ。

ただ、アンチ亀田のオイラにとってはかなり複雑な心境・・・・。

正直、WBOの初タイトルだけはもっと凄いボクサーに奪取してもらいたかった。

元王者の長谷川穂積とか現WBAスーパーフェザー級王者の内山高志とか・・・。

亀田三兄弟のイメージは弱い相手としか戦わない、東洋王者レベルのボクサー。

少なくとも、試合の中継録画を見るまでは、オイラはそう思ってた。

そもそも何故に日本ボクシング界史上初の快挙なのか。

それは今まで日本では世界タイトルマッチする場合、WBAとWBCの二団体以外を認めていなかったからだ。

なのでWBOとIBFの世界王者が存在しなかったためである。


それは、何故か・・・?

1.ひとつの階級に四人の王者が君臨する事で、チャンピオンベルトの価値が下がること。
2.4団体の王者の乱立による混乱を避けるため。


・・・・が主な理由と言われている。

しかし、今や世界の主流はこの四団体が占めており、マニーパッキャオ

やノニト・ドネアなどの名王者がWBOのベルトを巻いているこのご時世。

日本も世界の主流に合わせなければ、鎖国化してしまう…と言う事で、

今年の四月より日本ボクシングコミッションがルールを変更。

念願のWBOとIBF団体を認可したと言うわけだ。


(日本人初のラスベガスで成功し、ドネアと対戦した西岡利晃の功績も大きいかもしれない。)


その日本人初タイトルを奪取したのが亀田三兄弟の三男・和毅なのである。

オイラは生粋のボクシングマニアであり三流ボクサー経験者。

はるか昔の80年代からずっと世界の一流選手をチェックしてきた。

毎月、ボクシングマガジン、ワールドボクシングを買い漁り。

関東にいた頃は、水道橋の後楽園ホールに通いつめた。

東京の親戚に頼んでまで深夜のボクシング中継をビデオ録画してもらい。

WOWOWエキサイトマッチは必ず録画。その観戦数は何千試合にも及ぶ。

なので、ボクシングに関してはシビアな本物志向なのだ。

自分で言うのもなんだが、かなり目がこえている方だと思っている。

だから、胡散臭いあの亀田スタイル&パフォーマンスがオイラの中では、どうも肌に合わず、大嫌いだったのだ。


・・・・・・・・なのに、録画していた中継を見て、驚いた!!


スゲ~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!

スピードにのったジャブの的確さ。
フットワークの速さ。
カウンターのタイミング。
抜群のディフェンス技術。
こ、コイツは天才だ。まるで和製リカルド・ロペスじゃないかい・・。

(リカルド・ロペスとは90年代に活躍したメキシコの名王者。)

散々、今までは亀田三兄弟の実力を認めていなかった。

・・・が、しかしだ・・・・!!

この三男は別格だった。他の兄弟とは一枚も二枚も違うではなかろうか!!

下手したら、ラスベガスに進出するかもしれない。

その為には、次の防衛戦こそ正念場であろう。

名の知れた強豪を相手にしてもらいたいものだ。

長男、次男の様な弱腰のマッチメークだけはやめて欲しい。


そして、今週の月曜日。

もう一人のバンタム級王者が強烈な1ラウンドKOで4度目の防衛に成功した。

WBCバンタム級チャンピオン・山中慎介である。


ゴット・レフト(神の左)と呼ばれる、左の強打が凄い!!

過去の三度の防衛戦は全て元世界王者を倒してるという凄い王者だ。

会場には、亀田和毅が見に来ていた。

是非とも、統一戦をやって盛り上げてもらいたい。


このサバイバルを制した者が、将来ラスベガスに進出できると確信してる。
これから黄金のバンタムから目が離せない!!


しかし、まさか層の厚いバンタム級に4団体のうち3人も日本人が王者として君臨する時代が来るとは・・・。

あの頃、10代だったファンのオイラには夢のまた夢だったからなぁ~。感無量ですわ。



tu1234



著作権:2013 中島史朗

漫画家ブログ人気ランキングに登録してます。
励みになるので宜しければクリックお願いします^^

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村
2013/08/15 02:42|ボクシングTB:0CM:2

なぁかじん、今晩は趣味を語ります^^ 

おばんでした~。なぁかじんです^^

最近、寒い日が続いてますね~。

今朝も札幌周辺、近郊は昨日の夜中に降った雪が軽くだけど、積もっててさ。参ったわ…(苦笑)

またも、おいら仕事に行く3時間前の午前5時から、早起きして雪かきしました~。

(何故か、仕事前に雪が降りやがる!!)

おかげで、身体中が筋肉痛で大変でしたわ…(汗)

今日は日曜日だけど派遣先の工場が稼動してたので、おいらは仕事だったんだよね~。

昼勤なので良かったけどね…(夜勤明けの雪かきは死にます…)


仕事から帰宅したら、鬼嫁と子供達で近所の銭湯に行っててね。

1人寂しくおいらは、晩酌しながら冷めた飯を食いました…。切ないオヤジの哀愁を感じるでしょう?

…で、その後、今描いてる漫画のネームを練ってるんだけどさ。これが、なかなか煮詰まってんだよなぁ~。

それで気分転換においらの好きなボクシングの名勝負コレクションのDVDを見ちゃいました。

(おいらが撮ったコレクションです)

ネタに詰まったときは、これよ、これっ!!

WBC世界バンタム級タイトルマッチ 長谷川穂積vsウィラポン (第2戦目)…

運命の第9ラウンド!!!
長谷川の右カウンター炸裂、ウィラポン前のめりにダウン!!!


『やっぱ、穂積はスゲェ~っ!!まるで、”芸術的なKO”だぁ~っ!!』

…と、1人で盛り上がってテンションMAXになってたら、家族帰宅。

鬼嫁の『…あら、いたの?』で、おいらのテンション急降下…。現実に引き戻されたわけで。

まぁ、いいっか…と、部屋にこもりネームの続きを描くもあまり乗らないので、諦めてブログの記事書きました。

長い前置きでしたが、やっぱりボクシングは奥が深くて面白いッス!!^^

実はおいら、その昔、漫画家よりもボクサーになりたくて、マジで練習してた時期があってさ~。

スパーリングとかサンドバッグとかやってたんだよね~。意外でしょう?

ボクシングって野蛮な競技って言う人がいるけど、

駆け引きとか、テクニックとか、一度経験すると面白くてたまらないんだわ。

そして、何よりもお互いが、真剣に勝負する緊張感が何ともいえず、良いんですわ^^

…てか、おいら今日なまらマニアックなネタを熱く語りまくってますね…(笑)

しかし、このブログ見てる人できっとおいらと同じボクシング好きなマニアがいるはず!!

なので、そんなひとの為においらのブログにリンク貼ってますが、

Atelier Hurricane Boxing"some"Time
を、是非覗いてみてくださ~い^^


色々なボクシングの記事や情報が満載の素晴らしいブログです!!

しかも、文面には管理人さんの人柄と”ボクシング愛”が感じられ、

ボクシング好きにはたまらなく居心地の良いブログですよん^^

おいらも、たまにコメント入れてます。 

管理人さんにリンクを貼らして下さいとお願いしたところ、快く許可して頂きとても嬉しかったです。

ついでに、我が『崖っぷちブログ』もリンク貼ってくれてます^^

興味のある方は是非、是非、見てあげて下さいな~^^





ところで、今回はボクシングをテーマに語ったんで、

せっかくなんでイラストも何となくボクサーを載せてみました。

20110116b.jpg
(C)中島史朗

↑昔描いたイラストですが・・・、どうでしょうか?
…ダメっすか?(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村   ↑
漫画家ブログ人気ランキングに登録してます。
励みになるので宜しければクリックお願いします^^

著作権:2010 中島史朗
2011/01/17 01:02|ボクシングTB:0CM:11

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

著書

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

注意

ブログ内の作品及びイラスト、文章その他の無断転載は固くお断りします。 著作権:中島史朗

Copyright(C) 2006 崖っぷち男”なぁかじん”のモウレツ生活 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。